想定と調整で「過失割合」を決定します

-

-

自動車での事故が起きた場合、自分自身が自動車事故の被害者だとしても相手がミスをこれっぽちも認めない場面は数限りなく存在します。

例えば、意識的に起こしたかったのではなく注意散漫で乗っていた車を追突した時などに、こういった押し問答に結果なってしまう可能性がないとは言えません。

とは言ってその場で自動車だけの交通事故対応されて後で体の痛みが現われてから行った病院の診断書類を出すのでは対応が遅くなるというのは否定できません。

そうであるなら自動車事故の過失割合の確定にはどんな物差しが決まっているのでしょうか?しっかりと言うと、警察が決定するのは主に自動車事故の大きな手落ちが認識されるのはどちらの車かという事柄であって、過失の割合ということではありません。

まして、決定された事故の過失があった人が警察署からはっきりする事は事態は有り得ません。

ですので、過失の割合は当事者の協議により明確にされこれが賠償の算定基準です。

この際に、両方が任意で加入できる保険に入っていなかった状況ではお互いが直接的に話し合いします。

しかし、当然の事ですがその交渉では、感情に走ったやり取りになる危険性が存在します。

それに加えて、お互いの意見に相違があれば万が一の場合、裁判になりますが、その場合年月と訴訟費用膨大な損失を避ける事ができません。

そのため普通は、事故に関わってしまったそれぞれの当事者に付随する保険会社、お互いの自動車の保険の会社に調整を一任する手立てを駆使して、正しい過失の割合を冷静に決めさせるのです。

その時には保険の会社は過去の自動車事故の裁判によって導きだされた判断から決められた認定基準、判断例等を参考に、想定と調整で「過失割合」を決定します。

そうであっても、交通事故においては遭ったのか他者を巻き込んでしまったのかの如何を問わず、まず最初に警察に電話するのが鉄則です。

その後で自動車保険の会社に電話をしてこれから先のやり取りをお願いするのが順序になります。

ちゃんとした順序さえ理解していれば双方の無駄な話し合いとなる状態を回避できるに違いありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.unlimitedsoundworks.com All Rights Reserved.